イージス ア ショア。 イージス・アショアはイージス艦3隻分 メリット多いが… 政府は国民に丁寧な説明を(1/2ページ)

イージスアショア計画停止の理由がブースター落下問題とされる違和感(JSF)

ショア イージス ア

🐲 脚注 [ ] []. イージス艦は、いまの7隻体制から、来年春には8隻体制になる。

日本での「イージス・アショア」の配備に向け、ロッキード・マーチン社は「LMSSR」(後にアメリカ軍から型式を取得し「SPY-7」と名前を変えた)を、レイセオン社は、「SPY-6」を基にしたシステムを売り込んでいた。 例えば、48発なら単価37億円なので、合計1,776億円となる。

「イージス・アショア」を理解するための6つの質問――日本のミサイル防衛システムは新たな地平へ

ショア イージス ア

📱 イージス艦の迎撃能力を陸上に配備するイージス・アショアは、こうした弱点を補うものだ。 これに対して、ロッキード・マーチン社は「LMSSR」(SPY-7)は、同じ系統のレーダーが、アメリカの国防総省の内局のひとつ、ミサイル防衛局がアラスカやハワイに設置して使われることや、カナダやスペインでも、採用を前提にプロジェクトが進行していることを打ち出した。

また、構成品選定を示した米国ミサイル防衛庁に対しても、アメリカ海軍軍人が海上自衛官に代わって、根回しなどの交渉や調整をしてくれたと思う。 戦争となれば「基地からたたく」は鉄則である。

「イージス・アショア」配備計画撤退の裏事情 陸自の当事者意識欠如と「パンフ購入」の弊害

ショア イージス ア

💙 レイセオン社は「SPY-6」が、すでにアメリカ海軍で採用されて量産が始まっていることによる信頼性や、箱形のレーダーを37個組み合わせて「SPY-1」の3倍以上、遠距離を探知できる能力を売りにした。 ブースター落下問題を計画全体の停止理由とする違和感 迎撃ミサイルの命中精度に関係しない、推進剤が燃え尽きて投棄されたブースターに、多額の費用と期間を掛けて高度な誘導システムを組み込むのはあまりにも馬鹿らしいという説明はよくわかります。

13
プーチン・ロシア大統領は2018年春、次期戦略兵器として極超音速飛行体「アバンガルド」の量産体制に入ったと発表した。

「イージス・アショア」を理解するための6つの質問――日本のミサイル防衛システムは新たな地平へ

ショア イージス ア

😝 日本の国防当局はイージス・アショア配備を取りやめる意向を打ち出したが、それによってアメリカが日本に対してイージス・アショアの輸出を禁止したわけではない。

3
数百セットのPAC-3と数千発の迎撃用ミサイルを調達(すなわちアメリカから、アメリカの言い値で購入)することは、考えただけでも不可能だ。

イージス弾道ミサイル防衛システム

ショア イージス ア

🖕 発射機だけ離して海沿いに設置(反対運動の問題) ハワイのカウアイ島にある太平洋ミサイル試射場のイージスアショア実験施設はレーダーと発射機が約6km離れています。

13
2017年にアメリカのイージス艦が連続して事故を起こしたが、原因はこういった活動によるものだった。

陸上イージス、撤回の方針決定 攻撃能力保有、議論へ:朝日新聞デジタル

ショア イージス ア

⚑ 今後、配備撤回で違約金が発生する可能性もあるが、河野氏は「(米側と)これから協議する」と説明している。

最後にXバンドレーダーとの違いを述べる。 「実施していた再調査の結果を受けてゼロベースで検討する」という防衛省の方針は、配備プロセスの停止まで変更はありませんでした。

イージス・アショア

ショア イージス ア

💅 イージスの盾、アイギスの盾と呼ばれます。 日本の安全保障政策は、大きな岐路を迎えた。

1
Google地図より筆者作成 THAADに調達を変更(ブースター落下、費用、人員、反対運動の問題) SM-3迎撃ミサイルのMk72ブースター落下が問題だとされてしまったので、THAAD迎撃ミサイルのブースター落下問題も解決できない以上、THAADの調達はむしろ困難になってしまいました。

イージス・アショア予算「800億円 ⇒ 6,000億円」になった理由

ショア イージス ア

😃 概要 [ ] は、の海上弾道ミサイル防衛システムであるが、イージス・アショアというのは、イージス・システムの中の陸上に設置される「コンポーネント」(システムの一部を荷う、ひとまとまりの部分)である。 「舞鶴」配備の可能性は少ない 首都圏、中部圏、関西圏を北朝鮮の弾頭ミサイル飽和攻撃から防衛するためには舞鶴にも配備と防衛力を高められる。

6
しかし、舞鶴周辺には米軍のXバンドレーダーが設置されており、イージスアショアを配備すると、イージスアショアのレーダーと電波の干渉が懸念されるため、配備されないと予想される。