厇 善 小čĒŦ。 『éŦŧæģ…ぎ刃【įŸ­įˇ¨é›†ã€‘』įŦŦ2įĢ ã€Œå¯æ„›ã„ãƒĄã‚¤ãƒ‰ãĄã‚ƒã‚“ã€åŽ‡éĢ„×善逸】â€ģ善逸į›Žįˇšã€ 25ペãƒŧジ

『éŦŧæģ…ぎ刃å…Ŧåŧå°čĒŦį‰ˆã€į‰‡įžŊぎčļぎあらすじとæŒŋįĩĩぞとめ

善 小čĒŦ 厇

✇ おäē’いčŋ‘所ãĢäŊã‚“でいることをįŸĨãŖた善逸。 そんãĒåŖ°ãĢ厇éĢ„さんはãĩãŖと吚きå‡ēした。

大äēē向け 色 い ろ 善逸ãĢäŧšã„ãĢčĄŒãåĨŗぎ子。

éŦŧæģ…ぎ刃â€ģäēŒæŦĄå‰ĩäŊœ

善 小čĒŦ 厇

😜 善īŊĸじゃ、じゃあ、頑åŧĩろうかãĒīŧīŧæ­Ŗ一君がいうãĒらきãŖとそうだよãĒīŧīŧīŊŖ おいおい。

善īŊĸåĢŒã§ã™ã‚ˆã€‚

į”Ÿãã‚‹į†į”ąãĢãĒれたãĒら【厇éĢ„夊元】

善 小čĒŦ 厇

🤛 善逸がæ­ģんでしぞãŖたことをåŋ˜ã‚ŒãŸã‹ãŖた厇éĢ„さんと æ Ąå†…ãƒãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗチョã‚ŗį˛åž—数三äŊã€‚ 「あぁ、バッチãƒĒčĻ‹ãˆãĻるぜ。

11
ぞぁ、そんãĒäē‹ã¯ãĒかãŖたけおね。

腐æģ…ぎ刃

善 小čĒŦ 厇

⚔ END. そんãĒäē‹ã¯åŖがčŖ‚けãĻã‚‚č¨€ãˆãĒいからぞたうん、と小さくčŋ”した。 äŋēぎせいで。

3
į„Ąį†ãĢčžãäē‹ã§ã¯ãĒいと、取り合えず善逸をこぎ寒い中ãĢ攞ãŖãĻおくį­ˆã‚‚ãĒくį…‰į„はį€ã‘ãĻいたéģ’ぎ手čĸ‹ã‚’外すと善逸ãĢį€ã‘させãĻį‚­æ˛ģ郎はåˇģいãĻいた青いマフナãƒŧを寒そうãĒéĻ–å…ƒãĢåˇģいãĻあげãĻ3äēē歊いãĻį…‰į„とį‚­æ˛ģ郎がäŊã‚€åŽļへと帰ãŖた。

厇善

善 小čĒŦ 厇

👍 , å­Ļパロ厇善です。

į—›ããĻč‹ĻしいぎãĢ愛しくãĻ感情がæŦĄã€…ãĢæēĸれãĻくる。

厇善

善 小čĒŦ 厇

đŸ”Ĩ それから善逸は一通りぎåŽļäē‹ã‚’įĩ‚わらせãĻからåŽļをå‡ēた。 「īŊžīŊžīŊžīŊ¯īŊ¯īŧãã€ã‚“ãĒâ€ĻčĻ‹ãĒいで下、さいâ€Ļ」 č…•ã‹ã‚‰čĻ—くé Ŧがčĩ¤ãæŸ“ぞãŖãĻいる。 ãĒんãĻäē‹ãĒい、厇éĢ„さんはæ€Ĩいでたから思ãŖãĻたäē‹ã‚’ããŽãžãžč¨€ãŖただけだ。

18
į…‰į„ã•ã‚“ãŽčŠąã—ãĻるį›¸æ‰‹ã¯æ€ãŖãĻいた通り、įŸĨãŖãĻã„ã‚‹č€…ã ãŖた。 「杏å¯ŋ郎さん」 į‚­æ˛ģéƒŽãŒčŠąã—ä¸­ãŽį…‰į„ãŽčƒŒä¸­ãĢåŖ°ã‚’掛けるとå‡ēãĻきたぎか、とį…‰į„は振りčŋ”る。

『éŦŧæģ…ぎ刃【įŸ­įˇ¨é›†ã€‘』įŦŦ2įĢ ã€Œå¯æ„›ã„ãƒĄã‚¤ãƒ‰ãĄã‚ƒã‚“ã€åŽ‡éĢ„×善逸】â€ģ善逸į›Žįˇšã€ 25ペãƒŧジ

善 小čĒŦ 厇

👆 善逸がį‚­æ˛ģ郎ãĢ一äŊ“čĒ°ãŒæĨたぎīŧŸã‚‚しかしãĻčĒ°ã‹æĨるäēˆåŽšã ãŖたīŧŸäŋēおé‚Ē魔かãĒīŧŸã¨ä¸åŽ‰ãã†ãĢč¨Šã­ã‚‹ã¨į‚­æ˛ģ郎は大丈å¤Ģだと垎įŦ‘んだ。

6
射撃部ぎエãƒŧ゚で数å­Ļがč‹Ļ手。

厇善 å­Ļパロ 小čĒŦ 11

善 小čĒŦ 厇

😛 ã“ãĄã‚‰ã§ã‚‚į‚­æ˛ģ郎ãĢåĨŊæ„ã‚’æŠąã„ãĻいる。 でも、そよéĸ¨ã¯åŋƒåœ°ã‚ˆã„。

15
įˆĒãŒč‚ŒãĢéŖŸã„čžŧãŋ厇éĢ„ãĢå‚ˇã‚’äģ˜ã‘る。