かんぽ 生命 保険 の 不正 販売 問題。 かんぽ生命の保険は加入してはいけない?顧客が「もらえる保険金」より「払う保険料」が多い

不正販売甘く見た「郵政」 報道の役割軽視「経営委」 負の連鎖が招いた「NHKかんぽ問題」

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

😂 郵便局員の利益しか考えていなかったと言われてもしかたがない事例である。 詐欺グループの10倍以上の被害! 状況が動いたのは6月24日で、日本郵政の社長によれば、昨年11月の契約2万1000件の自社調査で、乗り換え契約が5800件にのぼり、その中に顧客の不利益になる契約を複数確認したことを発表して、謝罪したのです。 電車の中づり広告と同じじゃないかと、取り下げを要請した」。

これだけの問題を起こした以上、責任を取らせるべき人には責任をとってもらいたいし、 被害にあわれた方には、しっかりした補償をするべきである。

かんぽ生命保険の不正販売問題のまとめ~2重契約や無保険

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

🤑 今わかってるだけで不正が18万件以上。 2、前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。 厳しいノルマ。

11
そのため、保険渉外員は満額の手当金がもらえる「新規」契約のために、保険の「乗り換え」を希望する顧客に対し、旧契約を解約させずに新たな保険を契約させて保険料を二重払いさせたり、新規と認定されるために旧契約の解除から新契約までの間を空けて無保険状態にさせたりするなど、顧客の不利益になる販売を行っていた。

かんぽ生命、契約者向け「不適切販売チェックリスト」…即解約や郵便局員の説明鵜呑みNG

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

😭 これは、新契約乗り換え時に、 健康状態がクリアできずに新契約を結べなかったケースと、新契約を結んだときに、 既往症を正確に伝えなかったため義務違反で契約を解除されたり、 新契約を結ぶまえにかかった病気を理由に保険金がでなかった例である。 会社が直接、私たちに「弊社の株を買いませんか?」と営業に来ることもないので、最もフェアな売り方かもしれません。

現場は限界に来ています」と苦しい胸の内を明かした。

かんぽ生命、不正契約6327件 法令違反は1400件

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

✋ 乗り換えは保障内容を見直せる一方、再契約時に保険料が上がるなど顧客に不利益となる可能性もあり、保険業法では、不利益を告げず新契約を締結する不当な乗り換えを禁止しています。 中堅職員は「日本郵政は政府が筆頭株主で、放送行政を所管する総務省と関係が深いので、対応を優先したのだろう」と指摘する。 会見で横山氏の説明は不誠実極まりないものと言わざるを得ない。

8
これは、社内規定で契約から2年未満の解約の場合、販売した郵便局員が手当てを一部返納する決まりになっていたためである。 【 今後、この問題、どうなる? 】 実はちょうど、きょう午後、 日本郵政グループ全体のトップである長門社長が、記者会見をします。

【かんぽ不正】日本郵便横山社長の姿勢への重大な疑問~「日本郵政のガバナンス問題」としての保険不適切販売問題

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

⌛ かんぽ生命保険の不正販売問題~2重契約で保険料を搾取 西日本新聞の報道で、保険営業担当者が自分の成績を上げるために、保険を解約させ、新たな保険に入らせるということをおこなっていた解説されています。 そこでは、責任追及の根拠となり得る事実は具体的には記述せず、代表者以外の会社幹部はすべて匿名にした。

12
「日本郵政のガバナンス問題」としての不適切販売問題 今回のような不適切販売問題が発生した要因として、かんぽ生命の保険商品では、民業圧迫の懸念などから保険金の上限額が2千万円と決まっていて、一般的に保険の「転換」の際に用いられる「新旧の契約の一時的併存」ができず、旧契約を解約した後に新契約に入り直す「乗り換え」で新旧の契約に切れ目が生じることから、問題が生じやすいということが指摘できる。

ゆうちょ銀・かんぽ生命が不適切販売、日本郵政は信頼できるか:日経ビジネス電子版

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

😛 かんぽ生命の不適切な販売の、その実態とは! かんぽ生命の不適切な販売の内容は かなり悪質である。 パフォーマンスや手数料(成果報酬)が同じファンドの場合、純資産が2倍になればファンドが得る利益も2倍です。 参院予算委員会でかんぽ生命保険の不正販売を追及したNHK番組を巡る問題について答弁する日本郵政の鈴木康雄上級副社長=国会内で2019年10月15日午後2時40分、川田雅浩撮影 日本郵政をよく知る関係者は「鈴木氏は『自分が解決する』と周囲に言って頑張った」と明かす。

13
「ガバナンスの問題」という名の「番組介入」 「郵政側と交渉して取材に応じてもらえず、継続取材を決めた。 かんぽ生命は、顧客の希望に応じて、不利益状態を解消する方針。

かんぽ生命の保険は加入してはいけない?顧客が「もらえる保険金」より「払う保険料」が多い

問題 保険 不正 生命 かんぽ の 販売

🙂 そのような要請に十分に応えるべく経営陣として適切な意思決定・対応をしていたと言えるのか、という点において、今回の問題も、「日本郵政のガバナンス問題」であることに変わりはないのである。 そして終身保険は、いわゆる「新ながいきくん」というペットネームで親しまれているもの。

12
郵政産業労働者ユニオンは7月末、日本郵政とかんぽ生命、日本郵便の3社に対して事態の全容解明や顧客の不利益是正、ノルマ体制の見直し、労働者に責任と犠牲を転嫁しないことなどを申し入れました。