アタック 級 潜水艦。 豪の新型潜水艦、原子力潜に変更か

豪州潜水艦受注が仏から日本へ~日豪に生じるメリットは何か

潜水艦 アタック 級

☎ 2015年9月14日、経済政策への不信などが高まり、首相は退陣し、変わって政権が発足した。 引き続いて開発される3隻のKSS-III batch-3は、原子力潜水艦になるのではないかという噂もある。 まさか「痛い…もとい偉大なるウリはMHDを採用で世界最先端にだ」でもないだろうしな。

Julian Kerr, Sydney 2014年10月22日. 現地建造に伴うコスト増は「予想ほど巨額でない」と主張した。

1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

潜水艦 アタック 級

🤣 2016年1月25日、は「中国の産業スパイから、重要な防衛技術を守る能力がドイツにあるかどうかに深刻な懸念を抱いている」と報じた。

17
0 今回、ABCが報じた報告書の内容は、アタック級潜水艦プログラムは予定されたスケジュールよりも9ヶ月遅れており、投資済みの3億9,600万豪ドル(約300億円)について豪国防省は「妥当性」を示すことが出来なかったという監査長官による指摘が含まれており、2018年政府の諮問機関は、アタック級潜水艦プログラムの契約交渉が失敗した際の保険として「代替案」の検討を行うよう豪国防省に指示していたことも明らかにされた。

豪の新型潜水艦、原子力潜に変更か

潜水艦 アタック 級

🐲 理由として、スウェーデンが、ここ20年間、潜水艦を建造していないなどの実績不足を挙げている。 オーストラリア海軍はコリンズ級潜水艦を更新するため、 2030年代中にフランスから次世代潜水艦「アタック級潜水艦」を12隻調達する予定だ。

5
シュフラン級原子力潜水艦の通常動力バージョンと、そうりゅう型潜水艦ベースの新型潜水艦は仕様や用途が異なるため単純に比較しても意味はないが、アタック級潜水艦のベースとなるシュフラン級原子力潜水艦は1隻約17億米ドル(約1,830億円)と言われており、果たしてアタック級潜水艦は5,000億円の価値があるのか非常に謎だ。 フランスから買えば、生産の段階でオーストラリアの雇用状況にも一定の効果があるということで覆ったと報道されています。

アタック級潜水艦

潜水艦 アタック 級

👆 なお、日豪政府間では、船舶の分野に関する共同研究が合意されており 、2014年7月8日には「防衛装備品及び技術の移転に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定」が締結されている。 なお、日豪政府間では、船舶の分野に関する共同研究が合意されており、2014年7月8日には「防衛装備品及び技術の移転に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定」が締結されている。 必要な資材は契約によってドイツ企業ティッセンクルップ・マリンシステムズから供給されることになった。

6
は、周囲を海洋に囲まれており、オーストラリア海軍はの整備も継続して行ってきた。 2016年1月25日、は「中国の産業スパイから、重要な防衛技術を守る能力がドイツにあるかどうかに深刻な懸念を抱いている」と報じた。

Wikizero

潜水艦 アタック 級

👉 豪州は最大で4億4,000万豪ドル(約330億円)支払えば、アタック級潜水艦プログラムを途中でキャンセルすることが出来る。 オーストラリアは、現在、日本が2015年から建造を計画している を使った最新型潜水艦を希望している。

15
艦番号 艦名 起工 進水 就役 SSG 73 コリンズ HMAS Collins 1990年 2月14日 1993年 8月28日 1996年 7月27日 SSG 74 ファーンコム HMAS Farncomb 1991年 3月1日 1995年 12月15日 1998年 1月31日 SSG 75 ウォーラー HMAS Waller 1992年 3月19日 1997年 3月14日 1999年 7月10日 SSG 76 デシャニュー HMAS Dechaineux 1993年 3月4日 1998年 3月12日 2001年 2月24日 SSG 77 シーアン HMAS Sheean 1994年 2月17日 1999年 5月3日 2001年 2月24日 SSG 78 ランキン HMAS Rankin 1995年 5月12日 2001年 11月7日 2003年 3月26日 出典 [ ]. となると、「日本海や場合によっては西太平洋から、日本をミサイル攻撃する能力を持つ強力な潜水艦を開発しているのではないか?」という推測が米海軍関係者らの間で浮かび上がらざるを得ないのである。

Wikizero

潜水艦 アタック 級

🤲 この発言は波紋を呼び、ジョンストンの辞任要求が起こった。

そのリチウム電池を搭載した潜水艦の開発が韓国でまもなく開始される。 2009年のオーストラリア国防白書 においては、後継艦として、2030年代の戦略環境を見すえ、必要に応じ遠海域での作戦行動も行える通常動力型潜水艦の取得を目指すとしている。