井上 尚弥。 井上尚弥

井上尚弥、ファイトマネー100万ドル! 軽量級では破格、無観客でも減額なし/ファイト/デイリースポーツ online

尚弥 井上

✇ (フィリピン出身でIBF世界王者の)アンカハスからも話がある。 2012年に予選会を兼ねたに出場し、ライトフライ級で決勝まで進むが、過去にで銅メダリストとなっている地元カザフスタンのビルジャン・ジャキポフに11-16の判定負けを喫して銀メダルにとどまり、目標としていたロンドンオリンピック出場を逸した。

」、井上が出場した主催者のは「イノウエがパウンド・フォー・パウンド PFP のキング。 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月6日• 9回、ドネアの右ストレートを顔面に受けた井上が、プロ転向後、初めてぐらついた。

井上尚弥への刺客、ジェイソン・マロニー単独インタビュー 52年前の“番狂わせ”再現を狙う

尚弥 井上

😎 試合直後のリング上ではナルバエス陣営がグローブに鉛を仕込んでいるのではないか?とクレームをつけた。 当時20戦無敗で香港のスター選手、レックス・ツォーから河野のもとにオファーが舞い込んできた。

5
2010年アジアユース選手権ライトフライ級銅メダル• その際、レベコのマネージャーが同じ(オズワルト・リベロOR・プロモーションズCEO)であるWBO世界スーパーフライ級王者のマネージャーも兼任していたため、両者のどちらかへの挑戦を見据えて交渉を行い、レベコが左腕上腕の筋肉を裂傷してヨーッモンコンとの統一戦が延期された事が決定打となり、ナルバエスへの挑戦が決定した。

井上尚弥、その先の5階級制覇へ“第2章”の幕開け!/BOX

尚弥 井上

♨ 「あ、井上君には勝てないです。 女子も含めた最速はの4戦 )。

5
試合は2回に連打でダウンを奪うなど有利に進め、5回2分51秒TKO勝ちで八重樫東らと並ぶ当時の国内男子最短タイ記録となるデビュー5戦目(2014年にに更新される。 プロレス [12月3日 12:26]• 第81回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級優勝 プロ• そして井上が続く-。

井上尚弥

尚弥 井上

☭ 一方、ウバーリについては「また拓真がいけばいい」と発言した。 しかも、よけてから、どの体勢からでも軸がブレずに打ち返してくる。

「僕には失う物はない。 世界的な注目選手になった井上にどんな印象を持ち、来月のビッグファイトにどんな決意で備えているのか。

井上尚弥、ファイトマネー100万ドル! 軽量級では破格、無観客でも減額なし/ファイト/デイリースポーツ online

尚弥 井上

👀 公言している35歳での現役引退まで8年。 井上本人もプロデビュー当初から「ロマゴンと対戦したい」という発言を繰り返し続けており、「アジア人のがアメリカや世界のスーパースターになれたのは同階級に、、ら既に北米でスターだったライバルとの対戦があったから。

19
2017年プロボクシング部門 技能賞• 彼は眼窩(がんか)底を骨折したが、倒れなかった。

200年に一人の天才ボクサーが語る「井上尚弥、凄過ぎたラスベガスでの勝利」(林壮一)

尚弥 井上

👊 また、この試合はTBSによってデビュー2戦目としては異例の夕方に地上波生中継された。 2016年12月30日、有明コロシアムで元WBA世界スーパーフライ級王者でWBO世界スーパーフライ級10位の河野公平(ワタナベ)と対戦し、6回1分1秒TKO勝ちを収め、4度目の防衛に成功した。

9
2014年4月度月間MVP• 世界的に権威のある同誌PFPランキングで自身の記録を更新するとともに日本人初のトップ3入りを果たす。 プロレス [12月2日 0:00]• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月1日• こんな奴にゴタゴタ言われたくない。

「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る怪物の実像(森合 正範)

尚弥 井上

✍Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月24日• (尾崎陽介). ドネア 井上は、ボディーを打つと必ず左でカウンターを合わせてくる。 写真:山口裕朗 世界中を見渡しても、今の井上に勝てる選手って見当たらないですよ。

ドネア モロニーとはスパーリングをした経験があるが、井上はそのレベルではない。 特に2014年12月30日に行われた戦は、例年アメリカのボクシング界は年末は不活発のため年末の日本での世界戦を待たずして早々と年間MVPを選出してしまう専門家が多かったが、2014年に関しては「今年の年間賞の制定は年末まで待つべき」と指摘する関係者が米国内にも存在するなど開催前から注目されており 、フライ級世界王座を16連続防衛、WBO世界スーパーフライ級王座を11連続防衛中のナルバエスを一方的に打ちのめしてKO勝ちで2階級制覇を達成し、その試合が動画サイトにアップロードされたことで、井上はプロ転向後はまだ一度も海外で試合をしたことがないにも関わらず世界のボクシング関係者とファンからの知名度と評価が急上昇した。

井上尚弥、次戦は指名試合「4団体統一」目指す

尚弥 井上

🤟 先に決勝に進んだ世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との新旧対決への期待は高まり、バンタム級最強王者決定トーナメントの大本命と目されている。 1分10秒の間に井上は3発しかパンチを放っていないが、井上の高速のワンツーがクリーンヒットしパヤノは後頭部から倒れ、パヤノの8年のプロ・キャリアで初めてのKO負けとなった。 デイリースポーツ 2013年12月28日• Boxing News ボクシングニュース 2019年11月16日• この試合は激闘の末、井上の3-0判定勝ちとなっている(井上は19戦全勝16KOであり、判定は3回しか経験がない)。

16
ボクシング [12月3日 23:13]• 尚弥は18日の渡米を前にスパーリングなどで調整を続けている。