東京 新聞 杯 2021。 「東京新聞杯2021」「きさらぎ賞2021」の見解【競馬予想記事】

東京新聞杯2021予想|過去の傾向とデータ分析│重賞ナビ

新聞 2021 東京 杯

🤞 5秒差の8着なので巻き返し可能。

あとは当日のテンション次第。

競馬

新聞 2021 東京 杯

🚒 1200m【0-0-0-3】• 2 ロードマイウェイ 杉山晴 ジャスタウェイ フェリス ロードホースク ケイアイファーム 京都金16 キャピタル2 ポートアイ8 大阪杯12 金鯱賞10 20. 結論の印と買い目は、有料会員の方には別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。 エントシャイデン(川須)しっかり動けていて引き続きいい状態。

7
鞍上が岩田騎手に戻るのもプラスだ。 2勝、馬券席数7席とこのレースには欠かせない 存在になっておりますのでこのあたりを踏まえて チャンスのある馬を探りたいですね。

東京新聞杯からGⅠ戦線に羽ばたくのは? 重賞初勝利を狙う2頭に期待|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

新聞 2021 東京 杯

👏 人気処の位置取りはヴァンドギャルドとトリプルエースが中団よりも前目付近、サトノインプレッサとシャドウディーヴァはほぼ中団付近で、トラインは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。 大阪城Sは6番人気も馬券に絡んでおり3連単の配当は4万2390円。

16
また、20年関屋記念-G3を制した実績にも気を配りたい。

東京新聞杯2021予想|過去の傾向とデータ分析│重賞ナビ

新聞 2021 東京 杯

☕ 母は4歳から競走馬として軌道に乗り始めていたが、本馬においては父系も晩成傾向にあるので、昨年2着以上の結果にも期待できるだろう。 指数上位勢のワンツースリーは期待しづらいので、3着以内に入ってくれそうな軸馬候補をピックアップしていくスタンスで臨むといいだろう。

「いろいろ試したが、近走は途中で競馬をやめていた。 ワンターンの左回りがベスト舞台で、コース替わりで巻き返しの余地は大いにあるだろう。

【東京新聞杯】追ってひと言― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

新聞 2021 東京 杯

💓 やはり中心はこの血統という感じです。 京都金杯【1-2-3-17】• サトノアーサー(池江師)馬なりでサッと。 ダンジグ系【1-2-1-5】• 前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率 G1 5 1 1 17 20. 6秒差以上【1-2-3-44】 有力馬では ヴェロックス、ダイワキャグニー、シャドウディーヴァ、サトノインプレッサあたりが前走で0. 東京ならマイルでも問題ない。

9
次に情報の最適化。

東京新聞杯 2021 予想オッズ・データ【競馬予想・出走予定馬】

新聞 2021 東京 杯

⚓ 「サトノ」の冠名で知られる里見治オーナーは、これまでサトノダイヤモンド、サトノクラウン、サトノアレスというG1馬を3頭も所有してきた。 効果はてきめん。 0 Shamardal Triple Pirouette Sunday Silence 3. 前走マイルチャンピオンシップ-G1も内が有利となる不向きな展開を大外の8枠から善戦しており、近走の充実ぶりには本格化を感じさせるものがある。

4
0 ディープインパクト ルシュクル サクラバクシンオー 5. ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想「東京新聞杯(G3)」「きさらぎ賞(G3)」の見解に行きたいと思います。 ロードマイウェイ(杉山晴師)松若騎手に乗ってもらってリズム良くサッと。

東京新聞杯2021出走馬予定馬データ分析と消去法予想

新聞 2021 東京 杯

😒 10連敗となった昨夏の函館記念(13着)後、陣営は決断を下した。 これにより的中率を高めています。 ゆえに速い上がりを出せる馬が優位という捉え方が、もっとも適切ではないか。

3
8倍の1番人気。 4 ロードマイウェイ 杉山晴 ジャスタウェイ フェリス ロードホースク ケイアイファーム 京都金16 キャピタル2 ポートアイ8 大阪杯12 金鯱賞10 20. 戦前の予想とはやや異なる人気順となっているが、上位人気4頭にかなり人気が集中する売れ方となっている。

東京新聞杯2021の予想を大公開!|アドレナリン競馬

新聞 2021 東京 杯

🤲 9倍が 6-3-4-11。 1800m【0-1-0-9】• 0 ロードカナロア ブロードストリート アグネスタキオン 4. 前走の最後はよく伸びていました。 所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率 関東 4 4 3 56 6. 阪神【3-0-3-13】 前走頭数• 1週前の坂路追いでも前回より全体時計を詰めてきており、疲れやデキ落ちの心配はしなくてもよさそう。

1
この馬にしては、難しい面を出すことなく走れている。

【東京新聞杯】“荒々しい”ニシノデイジーに復活の兆し― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

新聞 2021 東京 杯

✋ 2】という成績を収めている。 やや重めのディープインパクト産駒なので、現状の高速馬場に対応できるか疑問も、地力は上位なので念のため押さえておきたい。 さらに、昨年3月8日の大阪城S(L)では、サトノフェイバー(2着)とサトノアーサー(3着)の2頭が馬券圏内に好走。

僚馬と長い時間並んでいても、行きたがることなく落ち着きを保っているあたり、状態の良さがうかがえる。