フェニル エチル レゾルシノール。 ジェンズホワイト

ハイドロキノン以上?フェニルエチルレゾルシノールの美白効果

レゾルシノール フェニル エチル

💕 特徴 常緑針葉樹であるに含まれるピノシルビン(ポリフェノール成分)を基に合成した新規美白成分で、酵素活性阻害試験において既存美白成分より高い効果を発揮するとされている。 ただ、メラニンの生成を抑制する効果が極端に高いのです。

1
他にも、トラネキサム酸、コウジ酸、ルシノール、プラセンタなども美白成分としてよく知られています。

フェニルエチルレゾルシノールとは

レゾルシノール フェニル エチル

🤲 シミ・そばかす・肝斑・色素沈着に対応している と、いうこと。

2007年にアジア人で0. ニキビ跡を解消する 市場でのモットー:• これはドクターシーラボ独自の成分ですが、成分名はフェニルエチルレゾルシノールと表記されています。

フェニルエチルレゾルシノールとは

レゾルシノール フェニル エチル

🤩 美白成分「フェニルエチルレゾルシノール」(シムホワイト377)とは フェニルエチルレゾルシノール(シムホワイト377)はヨーロッパアカマツ(常緑針葉樹)に含まれている、「ピノシルビン」というポリフェノール成分をもとに開発された美白成分です。 しかし、認知度とは別に一番効く美白成分を知りたいと思う女性も多いはず。 また、過失を含むいかなる場合であっても 有 久光工房および参加企業はこれに起因するいかなる損害について一切の責任を負いません。

4
水には溶けません。

成分紹介「フェニルエチルレゾルシノール」

レゾルシノール フェニル エチル

🌏 続いて、ハイドロキノン、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸という結果に。 シミの元・メラニンをつくるチロシナーゼという酵素の活性化を抑える成分のひとつに、ルシノールという成分がありますが、このフェニルエチルレゾルシノールも関係しているのでしょうか。 NanoActive 377は、水溶性も油溶性も100%(両親媒性)、幅広い用途に使える 製品応用• これまで、最もしみ予防効果があると言われていたコウジ酸に比べ、約20倍の抑制効果があります。

ジェンズホワイトは軽いテクスチャーでもミルク状なので、すぐに浸透してモロモロが出ることはありません。 紫外線吸収剤として使ってよいのは化粧品基準別表4(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。

フェニルエチルレゾルシノール(化粧品):Cosmetic

レゾルシノール フェニル エチル

⚒ そこで今回ピックアップしたいのが、ドクターシーラボの「スーパーホワイト377VC」です!この商品は噂によると、ハイドロキノンの何倍もの美白効果を持ちながら、毒性は低い成分を配合した美白コスメなんだとか。 ところが、ハイドロキノンの2,100倍もの美白効果を持つ成分があるというから驚きです。

1
粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されていることと化粧品への配合可否は無関係です。

ジェンズホワイト

レゾルシノール フェニル エチル

🙏 Product Name:Nano Liposomal 377;BioActive Phenylethyl Resorcinol;NanoActive 377;NanoAcive Phenylethyl Resorcinol;Water-Soluble 377;Fat-Soluble 377 CAS:85-27-8 説明:フェニルエチルレゾルシノールは、シルバーパイン由来の新しい高効率美白剤であり、超強い潜在的な美白効果がある。

12
2019年6月18日閲覧。

シムホワイト377の美白効果と注意点

レゾルシノール フェニル エチル

😛 ジェンズホワイトには日焼け止め効果はありません。 そして、これら全ての中でも、美白効果だけに注目するなら、肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンが一番だと思っていました。

頬や額などの広い部分からはじめ、顔の中心から外側に向かって、 すみずみまで広げます。